【戦場の絆】有名プレイヤーインタビュー「Exプロージョン」氏編——「タンクがどうやって勝ち筋を見つけていくかがこのゲームの楽しいところ」

AppBankが動畫や記事でお屆けする『機動戦士ガンダム 戦場の絆』(戦場の絆)の応援企畫。そのひとつ、有名プレイヤーのインタビュー記事をお屆けします。

上位クラスパイロットたちはどんなプレイ履歴を持っているのか? どんなことを考えてプレイされているのか? といったことをベテランパイロット?カバパンの同席のもと、今回はタンク乗りとして「Exプロージョン」氏におうかがいしてみました。

IDバーストもやるが、「野良プレイ組も盛り返していこうぜ」という考えは持っている


【Exプロージョン氏】
「Rev.1」初期からのプレイヤー。タンカー(タンク乗り)として勢力戦ランキングに名を馳せる。

——『戦場の絆』はいつからプレイされているんですか?

このゲームを始めて12年になりますね。2006年の大晦日からですね。

——始められたきっかけは?

「ア?バオア?ムー」(大隊名。『アミューズメントランド ムー大陸 橋本臺店』→『YAZ橋本臺店』:現在は閉店)というゲーセンに併設されていたボウリング場(南橋本ボウル)があったんですが、毎年年末にボウリングをしていまして。

その時に知り合い同士で「ちょっとこのゲームやってみようぜ」と始めたのがきっかけですね。その知り合いのひとりが『戦場の絆』のことを知っていて。

——そのボウリングの時が『戦場の絆』とのそもそもの出會いだったんですか?

私自身、それまでゲーセンに行くことがほぼなかった人間でして。ですから、ゲームセンターに行くようになったきっかけがこのゲームですね。當時、「ニューヤーク」(正式稼働後)から戦場が「グレートキャニオン」に初めて移動したタイミングで、その後戦場が「タクラマカン」に移動して……(2007年2月ごろ)。

その頃から連邦9割、ジオン1割みたいな感じでプレイしていましたね。

——結構片方の軍を集中して遊ばれるんですか?

私はひとつの機體に結構乗り込むタイプでして。「Rev.1」時代は「陸ガン(陸戦型ガンダム)」ばかり乗っていたんですよ。今でいう青グラフ(5,000勝以上)ぐらい、確か4,700?800ぐらい勝っていましたね。

——最初は近距離戦型を乗り込まれていたんですね。

「ア?バオア?ムー」(大隊名)での連邦兵で近距離枠、もしくはタンク(遠距離砲撃型)枠という形で乗っていました。ですから「ガンタンク」も1,000回以上乗ってました。

▼「ガンタンク」。地球連邦軍の主力として長く活躍している遠距離砲撃型。



その頃の経験が今も土壌になっていまして、タンクも苦手意識はありませんでしたし、ノーロック砲撃なども好きでしたし。そのあとは格闘型(當時は近接格闘型)にも乗っていました。

そこから「Rev.3」の途中から「B.D.2號機」のバルコン(※)がダウンするようになってから、格闘型がスランプになりまして……。それで改めてタンクに乗り直して今に至るという感じですかね。

※ バルコン=バルカンコンボ……「B.D.2號機」などはクイックドローの「頭部バルカン砲」をカスらせてもダウンせず、そのまま連撃を継続できた。「Rev.4」の「ユニコーンガンダム」(通常時)に可能なコンボに近いもの。

——『戦場の絆』にハマった理由って何ですか?

ゲーム內容ですね。始めた當初から野良(単獨)で出ることはあまりなくて、基本ふたりないし3人で知り合いと「ア?バオア?ムー」(大隊名)と「ガロパ橋本店」に行って遊んでいました。

でも、未だに「ガンダム」の原作をあまり見たことがないんです。仕事に行ってゲーセンに行って、帰る時間が23時ぐらいになると、家に帰ったらすぐご飯を食べて寢て、次の日仕事に行って……っていう生活を當初から続けていたので、見る暇がなくて。

特に最初の頃なんて、プレイするのに待ち時間もかかりましたから……通っていたところが「連邦軍4臺、ジオン軍4臺」と軍が割り振られていたお店だったんですね(設定で変更できる)。だから4組?5組ぐらい待ってプレイすることも多かったです。

帰りも近場のファミレスやファストフードで、一緒にプレイしている戦友と『絆』の話をしながら食事することも多かったので、遅い時間に帰ってましたね。その生活が「Rev.3」の初期ぐらいまで続いていました。

——プレイ頻度はどれぐらいなんですか?

今でも週6?7日プレイしてますよ。職場からゲーセンが2?3分で著ける位置にありまして。仕事が終わったらとりあえず寄る、というのが日課になっています。そこで誰かがいれば聲をかけたり、IDバーストのお誘いがあればやりますし。

——ご自分でIDバーストを主催したりとかはされます?

自分からは基本しないです。企畫すると調整が大変だったりもするので。それをやるぐらいなら野良出撃しますね。

——野良でプレイし続けるとSクラスの上流層では辛くないですか?

最近、IDを含めバースト組と野良組の差がちょっとはっきりしてきているなと感じることが多いですね。でも、「野良プレイ組も盛り返していこうぜ」という考えは持っているんです。

Twitterを去年の8月ぐらいから始めさせてもらっているんですが、ちょっと発破をかけるというわけではないですが、LINEとかでも「タンクを教えてください」という方の質問に答えたりだとか、そう行った活動を始めさせていただいています。

でも、自分の動きが必ずしも正解だとは思っていないので、「自分だったらこうする」というアドバイスに近いものですね。プレイヤーの方の中でもいろいろタイプがあると思っていますので。

タンクの中でも、足付き(キャノン型……『ジム?キャノン』や『ザクキャノン』といった2腳型)タイプや、特別枠みたいな「強タン(陸戦強襲型ガンタンク)」とか「ドルブ(『ヒルドルブ』)」と、スタンダードな『量産型ガンタンク』や『ギガン』とタイプが違いますし。

——野良プレイヤーがIDやバーストプレイを始めるにあたってきっかけがあると思いますが、ExプロージョンさんがIDバーストなどをはじめるようになったきっかけはなんですか?

バーストしていた知り合いからの紹介や、昔からあった『戦場の絆』のSNSや、LINEでの繋がりですね。そこで知り合って誘われることが多くなりました。

今では地元で教えている若手の子も知り合いに紹介したりして、SNSなどを通じて知り合いが増えましたね。

——通われているお店でずっと野良でプレイされている方っていらっしゃいます? その方に聲をかけたりといったことはありますか?

ちょっとお話ししてみて、「うまくなりたい」という意欲がある人には「こうしたほうがいいんじゃない?」といった話をしたりして聲をかけることはありますね。

リスタートレベルを使った戦い方が自分の肌に合っている

——「Rev1」からこのゲームを長年続けられていて、「Rev.4」での変化はどんなところに感じてらっしゃいますか?

やっぱり途中で飽きたりだとかで周りの環境は変わりましたが、「Rev.4」になって、各ゲーセンで「IDバースト」ができるようになって、ボイスチャットで聲が繋がるようになった、というのが大きいんじゃないかと思っていまして。

私の身內でも、それが影響して戻って來たメンバーもいたので……。

——従來はできなかったことができるようになった反面、これまでの機體コストが調整されて、「Rev.4」の「ユニコーンガンダム」や「シナンジュ」を始めとした300コストオーバーの機體が入って來たりと変わりましたよね。そのあたりはどう捉えられていたんでしょうか?

これは私の場合、タンク目線で考えた話ではありますが、機體ごとに「リスタートレベル」が設定されたことで、「ガンタンク」が主流だった地球連邦軍が、リスタートレベル3で足が遅いというところがあって、どうしても勝ちきれない試合が増えてきたかなと。

私自身が「ガンタンク」に乗り続けていたので、そのイメージが強い戦友の方々も多いと思うんですが、逆にジオン軍のタンクに(拠點撃破スピードなどで)撃ち負けることが増えました。

それもあって、IDバーストをプレイしているメンバーの中でも「ジオン(軍)がやりたい」という聲が出てきましたね。それで実際ジオン軍のタンクに乗ってみたら「これ強くない?」って。

「トリントン灣岸基地」は結構「FAB(フルアーマーガンダム TYPE-B)」でタワーの上を占拠すると結構強いんですが、「ギガン」などを乗ってみて、初めてIDバーストをプレイするメンバーがけっこう増えまして。

そこから「リスタートレベルを使った戦い方が自分の肌に合っている」と思いまして、現在はジオン軍を中心にプレイしています。割合としては連邦軍2割、ジオン軍8割ぐらいですね。

「ギガン」の楽しさのおかげで「ジオン軍」をメインに遊ぶようになったといっても言い過ぎじゃないです。

▼ジオン軍の鉄板タンクのひとつ「ギガン」。



地球連邦軍も「ガンタンク」の足の遅さをどうにかしないと、やっぱりリスタートレベルの高い機體の低コストでのアパム(タンクに射撃→タックルを護衛を無視して繰り返し、APが盡きる前にタンクを撃破することを第一にした戦術の『戦場の絆』での俗稱)などで結構詰められてしまうと、2拠點が割れない(撃破できない)ことが増えました。

逆に相手の2拠點目の撃破を防衛するような形にするのであれば、「ガンタンク」でいいと思うんですが、ファーストアタックが終わった時點で負けてしまって、2拠點目の攻略に行かなければならない展開の時に、どうしてもデメリットが目立ってしまうんですね。

それを打破するために、「ガンタンク」のセッティングを「歩」にしたり、「量タン(量産型ガンタンク)」にシフトチェンジして、ジオン軍と同じような土壌にして戦いにいくような形にして……それが今私の中では主流かなと思っていまして。

▼「量産型ガンタンク」。コストは「ガンタンク」より低いが、2発連射で拠點弾を射出する點、リスタートレベルなどが異なる


戦況不利の際、タンクができる打開策は!?

——今、パイロットネームも変えられますし、サブカードを持ってらっしゃる方も多いと思いますが、メインカードを挿す(メインカードで出撃する)理由や目標みたいなものはどこに置かれてますか?

「Rev.4」になって勢力戦が増えて、レートランキングの機會も増えたので、ランキング入りすることが一番名譽かな、とは思っているので、そこを目指してプレイしています。

100位以內を目指すにはある程度プレイしないといけないので、それと合わせてトップレートが狙えればいいなと。

レートを稼ぐにはフルバーストやフルIDではなかなか上がらないことと、例えば6人のフルIDなどはメンバー全員を統率するのは自分は無理かな? と思っていて。まとめられる人數は6vs6想定だと護衛の2枚(機)と中央の1枚ぐらいだと思っていて。

なので、できれば4(人)IDぐらいで遊びたいという思いがありますね。主に聲出しするのは護衛の近距離(戦型)というような形でやっています。

——タンクに乗り続けられる秘訣みたいなものはありますか? 性質的なものなのか、結果的なものなのか。

性質的なものがあるかもしれませんね。他のゲームでも、ひとつのことを突き詰めて遊ぶというのは得意で、ゴルフゲームなどで全國トップクラスになったこともあります。

自分がハマったものに対してはとことんやれるタイプだと思っていまして、今で言えばリスタートレベル4の「ギガン」の「追加弾(拡散弾)」の戦い方を突き詰めることを楽しんでやっています。

「それで勝つためには、自分がタンクに乗った方が勝てるだろう」という思いもあります。

——拠點撃破も先行していて、モビルスーツ戦も優位に進められている勝ちパターンの時は気分的にも楽だと思うんですが、逆に味方がどんどん落ちて、拠點攻略も展開的に遅くなって、どこかでひっくり返さないと、という展開の時はどんなことを考えますか?

その場合であれば、「敵タンクが引いてくれればラッキー」だと思ってやっていますね。アンチに「ユニコーン(ガンダム)」が來ることが多いと思うんですけれども、味方の低コスト護衛とタンクが取られて拠點が取れませんでした、という展開が絶対にあると思うんです。

それを打破するために、リスタートレベル4というメリットを生かして、なるべくロスを減らすという戦い方をしています。ですから、2回目のアタックで拠點を割って(撃破して)、敵のタンクに対して、ファーストは先に拠點を割られたとしても、常に數的有利でアンチを仕掛けてもらうような形で戦ってもらえるように考えます。

敵のタンクが主に「ガンタンク」であれば、そこに詰めてしまえば結構引いてしまうことが多いので、(タンク同士のコスト交換でマイナスになるため)「時間が殘っていれば」ですけれども、そこで2拠點目を割って勝てればいいという考えですね。

——「ギガン」の場合、相手の「ガンタンク」に拠點まで下がられるとキャッチ(拠點弾をMSで受け止めて拠點の被害を抑える)されて、拠點を割るのに苦労する展開になったりしませんか? コストで負けていて拠點を撃ちに行かなければならない場合、その際、どういう構図で勝とうという絵を描いて(構想して)、どんな指示出しをされます?

そういう場合は、こちらがジオン軍で向こうが連邦軍と想定すると、連邦軍側がコストが高い編成になっていることが多いと思っているんです。

連邦軍のタンクがセカンドアタックに來た時點で、敵のアンチ、護衛含めて前衛のコストを回収(撃破)ができていれば、敵のタンクが拠點を撃ち始めて拠點のAPが殘り1/3ぐらい殘っている狀態、かつ殘りカウントが60カウントぐらいであれば、こちらがキャッチを含めて拠點防衛にシフトしてもいいと思います。

敵の編成が高コストで、コスト回収ができていないけれども敵のMSに瀕死が多い場合は、タンクが姿を曬して(拠點を攻めに行くと見せかけて)、瀕死のMSを回収(撃破)してからバックするという展開も考えますし、拠點を割らないとコスト的に勝てない場合はそのまま拠點を撃ちに行くことも想定して、流れを作るようにしています。

——先ほどのお話だと、6vs6想定だと、護衛+1機ぐらいがタンクのコントロールが効く想定というお話がありましたよね。そういう場合、反対側の狀況がうまく噛み合わないこともあるでしょうから、タンク側も博打をうたないといけない、なかなか難しい展開にもなりますよね。

本來は護衛の方がラインを上げてくれる形が一番いいんですけれど、私の場合はタンクが先頭でラインを引っ張るような形でラインを上げることも多いです。

それと、リスタートレベル4の位置を覚えて、そこにリスタートできる場所で撃破されることも考えて動くことで、ロスなく拠點を撃ちに行けるように考えていますね。

6vs6想定ですと、拠點を割ることで900コスト捲る(稼ぐ)ことができるので、890までマイナスの狀態でも大丈夫だ、という頭でいるんですよ。だから、ある程度落ちてもいいからラインを上げて欲しい。

そのコストを失ってゲージが飛ばなければ(戦力ゲージが0以下になる=即敗戦)ワンチャンあると思っているんで……。

それ以上落とされてしまうとゲージが飛んでしまうときは、「體力溫存」、「ゆっくりいこう」とか、「もどれ」という指示を出して、ひとりで拠點を撃ちに行く流れを作ることもありますけれども。

——コスト計算って細かくされる方ですか?

基本的には畫面左の戦力ゲージのガイドを見てますね。総コストの1/4區切りでガイドが付いているので便利ですね。それを基に拠點+前衛2枚を抜けば(撃破)できれば勝ちだ、と思ったら、シンボルチャットで「敵2番機(2機のこと)撃破」、「ゲージ割れ」といったアナウンスをしたりしますね。

タンク乗りの視點からの「タンク」の楽しみとは?

——母數の問題も大きいと思いますが、「Rev.1」から継続してプレイされている方で、「タンク乗り」と稱される方々はいっぱいいらっしゃったと思うんですが、12年あまり継続されてプレイされて「タンクの魅力」はどこにありますか?

戦況と戦略を考えつつ指示出しをして、それがハマったときの楽しさもありますし、「必要とされている感」、「責任感」がありますし、「仕事をしている感」がありますね。

今の戦場だと、「2拠點を割って勝つ」という試合が主流だと思うんですが、それができた時の達成感もあってやっていますね。敵が精鋭部隊(フルバースト)でこちらが全員野良、という時に力を合わせて勝つ、というところも素晴らしいところだと思っています。

——6vs6戦でも2拠點撃破できたほうがいいと思われます?

やっぱり戦況次第ですね。1拠點割ったときにタンクが2回回収されている、數的不利で護衛を付けて、數的有利でアンチを仕掛けられて潰されちゃうということが反対サイドで起きていてつぶし合いになっているときは1拠點でキャッチ、という戦略になりますね。

1回目のアタックで止められても、2回目のアタックで拠點が割れていれば、時間的にロスなく拠點を撃てていればおそらく60?80カウントぐらい余裕があると思います。

6vs6戦で拠點を割るなら必要最低限で40カウントぐらいだと思っているんで、撃破されてもラインさえ上がっていれば2拠點目がワンチャン割れるかな、といった計算はします。

そうすると、連邦軍側としてはコストと足の問題で「ガンタンク」はきついので、「量産型ガンタンク」などをチョイスすることになると。

——タンク乗りとしての好きなステージはどこですか?

「オデッサ」が好きですね。タンクの力が発揮しやすいステージで、中央の巨大鑿巖機のあたりは、どこからでも拠點が狙えます。かついろんな進軍ができて、數的不利でも拠點を叩くことができるので、タンクの力で勝てるステージだと思っているんです。

敵のタンクより撃ち勝てる力さえあれば、味方のレベルが少し劣勢でも勝ちに持って行けるステージだと思っています。

逆に、タンク乗りの方があまり好きではないステージのひとつかもしれませんが、「グレートキャニオン」も好きですね。

——意外と人を選ぶステージかもしれませんね。

タンクの実力差で勝てるステージのひとつだと思っていて、山側や湖側に迂回して上がって行くタンクが多いと思うんですよ。私の場合はスタートしてまっすぐ、中央のメガネ巖を真っ先に飛び越えるんですよ。

中央峠の橫を通り過ぎてそのまま數的不利……6vs6想定ですと2護衛3アンチを強行してもらうと。タンクが姿を曬すと、敵の対応が強行アンチか強行護衛にシフトすることが多いんですよね。

強行護衛にした場合、護衛に來た味方をアンチに回すだけだし、3アンチ強行できた場合は、リスタートポイントの4番が湖の反対側にあるので、左右に振り回すことができます。

▼リスタートレベル4ならここにリスタートできる(丸で囲った部分)


逆にリスタートポイント3番だと、拠點前の洞窟の入口でしかリスタートできないので、ジオン軍でプレイしているときは相手に「『ガンタンク』が出たら勝ち」だと思っているんです。拠點を撃ち勝てるんで。

タンクの腕も必要だと思うんですが、そこでファーストアタックで決まって殘り數発まで撃てれば、敵のタンクが數発しか拠點を撃てていない場合は全アンチを仕掛けて、タンクは逆サイドで拡散弾などで釣りながら防衛してもいいですし、2拠點目を狙ってもよしですし。狀況が勝っていればそのまま守りに入ってもいいですし。

——なるほど……。

あとはピンポイントになりますが、「サイド5実験場」のジオンの場合、タンクが右奧に敵を引っ張れば、フワジャンでリスタートから砲撃ポイントまで1ブーストでいけるとか。

それから、ジオン軍で「ニューヤーク」のひな壇の左のビルの上。足場があってさらにひな壇みたいな形狀になっている場所があるんですが、そこで射角45度で拠點を撃つと當たるんですよ。

▼リスタートレベル4の地點(空中でリスタートする)そこから前に進んだところに「ノーロック砲撃」ができるポイントがある。





——4番のポイントでリスタートした前にあるビルの次の高いビルのところですね。

そこにリスタートできる「ギガン」、「ザクタンク」、「量産型ガンタンク」であれば、「歩」もしくは「推」で行くと、空中スタートからワンブーストで登れます。

それをやると、ひな壇に迂回するとか、ひな壇の左の足場にいくよりリスクなく移動できます。空中でリスタートできるので、いかに下で亂戦になっていたとしても、IDバーストで聲をかけていたりしないかぎり、そのポイントからあの場所に移動することはほとんどないと思われているので、オススメですね。

射角45度ぴったりで撃たないと當たらないので練習は必要です。8割ぐらいのヒット率がないと思ったら下にダイブした方が早く拠點攻略にかかれると思うんですが……。

そういったタンクの力で勝てるマップは楽しいですね。

——逆にタンク乗りとしてキツいステージはありますか?

「リボー?コロニーエリアB」とか。

——あそこはタンクには辛そうなステージだなと思います。

特にジオン側の拠點が小さいんですよね。あそこで拠點を割り切るには、「ノーロック(砲撃)」の技術が必要ですね。もしくは前衛で押し切るしかないと思っていて。

ただ、ファーストアタックの入り方によって、數的不利でも拠點をファーストアタックで割れちゃったりもします。

アンチとの間に護衛に入ってもらって、タンクはその間に橫を抜けるような位置関係を作って前に抜けてしまえば、ですね。その展開を作れるかどうかがカギですね。

連邦側だと「ガンタンク」だと足が遅くて「スナイパー」にも狙われやすいですし、砲撃ポイントにたどり著くまでにAPを削られてしまうことが多いので、あのステージで「ガンタンク」に乗るときはAPを多くしたいので、セッティングを「重」にしたりします。

それでファーストアタックでコスト的に勝っていれば、セカンドアタックはやめて拠點防衛に振り切ってしまうこともありですね。前衛にもコストマイナスを生まないようにゆっくりやってもらうよう指示出ししたりします。

タンクのAPが殘っていれば、セカンドを狙う動きを見せてラインコントロールをしたりもしますけれども。

——「ヒマラヤ」なども拠點が小さいですよね。

下りはまだ「ノーロック(砲撃)」で攻めやすいので楽ですけれどね。ただ、「対拠點弾」の射角を上げないと、拠點に屆く前に消えてしまうので、45度より一段上げて撃ったり、ぴったり45度で撃ったりいったコツが必要ですね。

「ヒマラヤ」の下りだと、一番最初の巖(リスタートレベル4の出現位置の巖)に隠れながらであれば、射角45度で拠點に當たるんですよ。そこで敵が上がってくるまで敵を貯めて、相手が上がって來たら前に出てロックオンを取りに行くとか。

▼「ヒマラヤ」の下り側。丸で囲んだ位置(下側)の巖の陰から「ノーロック砲撃」が可能。上の洞窟內からも「ノーロック砲撃」が可能です。




あとはリスタレベル5の中央の空洞の部分も45度で當たりますし、上から下へ撃ち下ろすほうがやりやすいですね。逆に上りのほうがきついステージですね。

▼中央の洞窟の中から拠點を狙うこともできる。



——あとは「ア?バオア?クー」のように、逃げる場所も少なくてルート選択をミスすると結構逆転が難しいステージなどはどうされます?

タンク的には一番厳しいのが「ア?バオア?クー」だと思っていまして……。「ボール」や「ザクI後期型」のように「釣り」専門のタンクなら面白いと思いますが、スタンダードなタンクにはマゾいステージだと思いますね。

內側から外側へ攻める場合は、リスタレベル4で「縦空洞」にリスタートできるのがポイントだと思っていて。そこにリスタートすると上に登れるので強いですね。

▼「縦空洞」。ここから上に上がって外に出るか、左右にある通路を使って外に出るか揺さぶることができる。



▼「縦空洞」も空中でのリスタートとなる。




「ガンタンク」の場合は左か右か、もしくは拠點前かしかリスタートポイントがないので、結構辛いと思っていて。あのステージは勝っている方が後半守りに入ることが多いですし。

「スナイパー」の射線にも入りやすいので、強い「スナイパー」乗りがいると詰んでしまうことも多いステージですね。

——こうしてお話を伺っていると、連邦軍側の「量産型ガンタンク」という選択肢は、「乗らざるを得ないから乗っている」感じに聞こえますね。

そうですね。リスタレベルの問題が一番重要だと思っているので。その考えにタンカー(タンク乗り)が気づいてそういった戦略が増えていると思います。

——Exプロージョンさんはキャノンタイプのタンクは乗らないイメージなんですが?

苦手なんですよ。私の旨味は拠點復舊までの時間の拡散弾とノーロック技術だと思っているので、昔は「ガンタンク」、今は「ギガン」、「ザクタンク」が合っていますね。

「量産型ガンタンク」の「追加弾(拡散弾)」は射角調整が下→上ではなく上→下なので合わなくって。なので追加弾は「MS弾」を持っていきますね。

——「ボップB」(4連裝ボップ?ミサイルB)は使われます?

使いますね。味方の護衛が「ユニコーン(ガンダム)」だった時が強烈で。4vs4想定で「ユニコーン(ガンダム)」1護衛で敵アンチが常に來るというときに、アンチをダウンさせたら「ボップB」で燃やして取ってもらう

自衛するにも、「ボップB」で燃やせばある程度時間が稼げるのも大きいですね。それも含めて持つようにしています。

——「ザクタンク」を使われるのはどういった想定ですか?

やっぱり「ガンタンク」と同じで「追加弾(拡散弾)」がダウン兵器であることを生かせる狀況ですよね。

4vs4、5vs5のときは「ザクタンク」の「追加弾(拡散弾)」が活かせる狀況だと思っていまして。足止めとダメージを取れる點が大きいですね。前衛でダメージを取るのか、タンクが支援弾でダメージを取るのか、その発想の違いですよね。

今のジオン軍の編成の主流って、コスト160のタンク、「イフリート」、「ローゼン?ズール」、「シナンジュ」だと思うんですが、それならインコスト(拠點を2回撃破されて全機體が1回撃破されても戦力ゲージがゼロ以下にならない)になるので。

その編成なら「ザクタンク」の「追加弾(拡散弾)」で敵タンクに前抜け(敵拠點方向へ抜ける)されないようにしながら「追加弾(拡散弾)」を飛ばすことが多いですね。そうすると、制圧がしづらい「デルタプラス」や「νガンダム」などにもワンチャンダメージが取れる。

そうして削って瀕死にした狀態であれば、最後、サードアタックを抑えるタイミングで最終的に敵タンクを回収すれば勝てるという展開が作れるかなと思っています。

——そういった意味で早いうちからタンクに乗り込んでタンク戦を理解しておくことはやっぱり重要ですね。

今はリスタートレベルのおかげで低コストタンクが強い時代なので、2拠點を割れるように練習してほしいですよね。前衛も大事ですが。

「タンクが輝けるバージョン」……2拠點撃破をやりきれるかどうかという問題はありますが、低コストタンクのリスタートレベルのおかげでやり切れる率が上がったという認識でいますね。

野良で出撃する私の場合、6vs6の場合はタンクを出す場合、味方の編成に対して基本的に注文をつけることはないんです。その中でタンクがどうやって勝ち筋を見つけていくか、がこのゲームの楽しいところだと思っているんです。

——色々とお話、ありがとうございました。


?創通?サンライズ


參考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新著記事やオススメ記事を投稿中!

麻豆画精品传媒2021一二三区-艾秋麻豆剧果冻传媒在线播放 长津2021吴京版免费观看
托克托县| 佳木斯市| 玉树县| 育儿| 习水县| 永泰县| 石嘴山市| 临猗县| 茂名市| 汝阳县|