【ポケモンGO】GOスナップショットチャレンジ大賞受賞者「risokichi」さんに作品の思いやAR寫真の魅力をインタビュー!

ホ?ケモンGO(Poke?mon GO)』のGOスナップショットを使ったフォトコンテスト「GOスナップショットチャレンジ」で大賞を受賞した「risokichi」さんにインタビューを行いました。

大賞を受賞した感想や作品に対する思い

『ポケモンGO』で開催されたGOスナップショットを使ったフォトコンテスト「GOスナップショット」の「Buddy Challenge」で大賞を受賞した「risokichi」さんへ、受賞作品に対する思いやAR寫真の魅力についてなどを伺わせていただきました。


――大賞の受賞おめでとうございます。率直に「GOスナップショットチャレンジ」の「Buddy Challenge」大賞を受賞した感想をお聞かせください。

risokichiさん:率直にはやっぱり嬉しかったですね。2017年にも『ポケモンGO』でフォトコンテストがあって、そのときは落ちちゃったんですけど、受賞者が何名かいて、そのうち2名が日本人だったんですよ。なので、次もしあったら絶対にまた応募しようと思っていました。

フォロワーさんが多かったりとか、知名度が高いと自然と目に留まりやすいかなと思って、そのために毎日AR寫真を投稿してフォロワーさんを増やす努力や腕を磨いていました。

コンテストのためにネタ帳にアイデアを溜めていました。2018年にもコンテストがあると思っていましたが、殘念ながら開催されなくてそのあとに「GOスナップショット」が2019年のはじめ(2月)に実裝されてフォトコンテストが來たので、「絶対にやらなきゃ!」という思いでした。

――2018年は期待していた分開催されなかったのでかなり殘念でしたよね。

risokichiさん:2017年の秋ぐらいにフォトコンテストが開催されたので、2018年もまた秋頃にあるんだろうと思っていたらなくて…AR寫真も撮り溜めとかしていたので「こういうのがきたらこういう寫真にしようかな」とかフォトスポットを回ったりとか調べたりとかして。

もしこういうお題だったら、こういう文章にしようとか。

――AR寫真だけじゃなくて投稿の文章も考えていたんですか?

risokichiさん:そうですね。それはずっと考えてましたね。「絶対に取ってやる!」と思っていたので。

――それだけ日頃からコンテストに対して準備をしていたということは受賞したときはかなり嬉しかったですよね。

risokichiさん:嬉しかったですね。じつは事前に受賞するかもしれないという連絡が來ていたんですが、結局どうなるんだろうと思っていたところでTwitterの告知で受賞したことを知りました。

あとあと確認したら、受賞の連絡は來ていたんですが気づいていなくて(笑)。なので、ほかのユーザーさんと同じタイミングで受賞したことを知りましたね。

――受賞するかもという連絡が來てからは毎日ドキドキしましたよね。

risokichiさん:ドキドキしてましたね。受賞するかもぐらいのタイミングで神田明神にお參りに行ってたんですよ。優勝しますようにって。そうしたらお參りしたあとで受賞の連絡が來て、「神田明神すげー」って思いました(笑)。

――ご利益がありますね。

risokichiさん:そうですね。結構パワースポットにしています!
神田明神の勝守っていうお守りが有名らしくて買いにいきました。

――続いて、受賞作品のこだわりポイントを教えてください。

risokichiさん:受賞したのはハピナスの寫真なんですけど、寫真は3枚投稿していて、ピンプクからラッキー、ハピナスという感じで相棒のポケモンと私自身の成長を描いています。

ポケモンをはじめて、外に出るようにもなって、天気とか普段気にしていなかったこともきにするようになりました。洋服とかも1枚目はダボっとした子供っぽい服裝にして、2枚目、3枚目とだんだん大人な服裝に変えています。

ラッキーだけじゃなくて、私も成長しているように撮影しました。




――1枚1枚の構図が工夫されていたり、ストーリー性があったりして素晴らしいですよね。

risokichiさん:1枚目は「ピンプクを撮りたくてカメラを買ったんだよ」という感じに、2枚目はホットケーキを半分にして食べていて仲良くなっていく過程を描いています。

3枚目は「成長していっても同じ道を歩いて行こうね!」という思いを込めています。

――risokichiさんのTwitterのアイコンにもあるのですが、ラッキーが一番好きなんですか?

risokichiさん:そうですね。ラッキーが好きです。『ポケモンGO』がローンチされて、最初はカビゴンやラプラス、ラッキーが全然出なくて、ラプラスとかもラプラスが出る場所まで行ってゲットするまで帰らなかったり、カビゴンもなかなか取れなかったんですけど、なんだかんだゲットはできてました。

ただ、ラッキーだけは全然出なかったんですよ…。

そんなある日バスに乗っていたときに、ラッキーがいきなり出たんです。もうヤバイと思ってすぐに降りてやっとゲットできました!

當時の図鑑の最後に埋まったポケモンで、それくらい出てくれなくて…。いつラッキーに會えるんだろうと思っていたときに出會えた子だったので、思い入れがすごいありますね。

――「Habitat Challenge」と「Go Create Challenge」にも応募しているということで、それらの作品についてもぜひこだわりポイントを教えてください。

risokichiさん:ムチュールの作品は、仕草が「ふー」って息を吹いている感じだったので、たんぽぽの綿毛を飛ばしているようにしました。

Habitat(※1)って、そのポケモンが生息していそうな場所での撮影なので、なかなか思いつかなくて生息地だと海外の景色の方が多そうなので、アイデア勝負だなと思って、たんぽぽの綿毛がいいかなと思いました。

難しかったですね、Habitatは。

※1:「Habitat Challenge」はそのポケモンが生息していそうな場所で撮影した寫真を募集していた部門。


risokichiさん:メルタンの作品は、メルタンが食べそうな金屬を買ったり、ふしぎなはこからじゃないと出ないので自分でふしぎなはこを作ったりとかしましたね。


――自分で作ったんですか!? 撮影のために結構小道具は作るんですか?

risokichiさん:そうです、自作ですね。小道具は好きでよく作ります。この前もラッキーのナースキャップを作りました。

『ポケモンGO』を始めてからアニメを見返して、いい風景とかシーンないかなと思いながら見てますね。

risokichiさん:ブイゼルの作品は、海にいそうだなと思って海で撮影しました。首の浮き輪で浮いているらしいので、浮いているように見える形で撮影しました。これは本當にHabitatにあっていると思います。


――撮影するためにいろんな場所に行くんですね。

risokichiさん:東京、橫浜、埼玉ぐらいは移動しますね。電車が苦手だったんですけど、乗るようになりました!

――撮影する場所はどうやって決めてるんですか?

risokichiさん:Instagramで調べていますね。フォトスポットとして良さそうな場所を參考にしています。

――『ポケモンGO』ユーザーはInstagram結構やってるんですか?

risokichiさん:最初に開催されたフォトコンテストがInstagramからの投稿だったんですね。私もそれでInstagramのアカウントを作りました。

海外の『ポケモンGO』ユーザーの方は結構AR寫真を投稿していますよ。Google翻訳とかで海外の方ともコミュニケーション取ったりしてます!

――海外のユーザーともコミュニケーションを取ってるんですね。

risokichiさん:そのほか海外のYouTuberさんや海外の攻略サイトでAR寫真を募集していて、それにも応募しましたね。

知名度をあげたかったので応募しました。寫真に対してのストーリーを英語で書かなくちゃいけなかったので、日本語を翻訳したものを書いて送りました。

――海外のユーザーからフォローされたりするんですか?

risokichiさん:Instagramは90%ぐらい海外の方ですね。

――続いて「Go Create Challenge」の作品についてもこだわりポイントを教えてください。

risokichiさん:イーブイの作品は、足跡作ってるんですよ。段ボールで足跡の型を作って、イーブイの足跡をペタペタと作りました。

Go Create(※2)は獨創性の寫真ということだったので。

――足跡があると「そこにいる感じ」が一気に増しますね。

※2:「Go Create Challenge」は獨創性に富んだ寫真を募集した部門。



risokichiさん:ラッキーの作品は「GOスナップショット」のカメラを自分で作ってます。あと、図鑑にラッキーの卵は元気になるということが書いてある(※3)ので、図鑑に沿って用意しました。

「私はラッキーの卵を食べて元気になったよ」というのを表現しています。

※3:栄養満點のタマゴを毎日産む。食欲を無くした人でもペロリと食べてしまうほど美味しいタマゴだ。(『ポケモンGO』の図鑑の説明より)


――こちらの作品も寫真の構図がいいですよね。今まで構図の勉強などしてきてたんですか?

risokichiさん:AR寫真を撮るようになってからは本などで構図の勉強はしましたが、それまでは勉強してはいなかったですね。

――これだけ構図などにもこだわってAR寫真を撮影するとなると、結構時間がかかるんじゃないですか?

risokichiさん:この寫真とかは、3日ぐらいかかってますね。
天気とかも影響しちゃうので…なので、目玉焼きも3回作ってますね(笑)。

――3日も…撮影する枚數もすごそうですね。

risokichiさん:だいたい50枚から100枚ぐらい撮ってますね。すぐフォルダがいっぱいになっちゃいます(笑)。

ピカチュウの作品は、アローラ地方の砂場にいるゴーストタイプポケモンの「スナバァ」が突然現れてびっくりしている様子を描いています。


――「スナバァ」そっくりですね(笑)。

risokichiさん:スコップの柄の白い部分はスプレーで塗ってますね。赤と白のスコップが売ってなくて…。

あとは、目の部分も印刷して持って行ってるんですよ。こういったネタは普段からネタ帳に書いてストックしていますね。

――撮影するネタってポケモンで思いつくんですか?それとも場所で思いつくんですか?

risokichiさん:アニメを見たりとか、場所とか、友達との會話とか、日々の何気ないところから思いつきますね。思いついたらすぐに書き留めておきます。

――休日はネタ帳のなかで撮れそうな寫真を撮りに行く感じなんですか?

risokichiさん:そうですね。休日はもう100%ARを撮りに行ってますね! 天気とかと照らし合わせて、撮影できそうなものを撮りに行ってます。

――これまでどのくらいAR寫真を撮影してきたんですか?

risokichiさん:2017年で100枚ほど、2018年だと300枚ほどですね。年々増えてます(笑)。
毎年フォトブックも作ってるんですよ。

――それはすごくいい思い出になりますね!

risokichiさん:そうですね!

AR寫真にハマったきっかけや魅力は?

――AR寫真はいつぐらいから始めたんですか?

risokichiさん:2017年の5月からですね。それまでは普通のトレーナーだったんですけど、とあるYouTuberさんが開催したオフ會に參加して、初めてARに觸れました。

AR大會があって、優勝とかはできなかったんですけどAR楽しいなと思って、それを投稿したらほかのユーザーさんからコメントをもらえるようになってさらに楽しくなってきて、気づいたら毎日撮るようになりました!

――その頃だとまだ野生の狀態でしかAR寫真取れませんでしたよね。

risokichiさん:そうなんです。AR+もなかったので周りこんだりとかもできなかったですね。

――AR+でポケモンの後ろも撮影できたり、アングルも結構変えられたりしてすごかったですよね。

risokichiさん:そうですね。楽しかったです!
ただ、そのときは「GOスナップショット」がなかったので、逃げられないようにゆーっくり動いてましたね(笑)。

――普段からAR寫真を撮影するときにどんなことに気をつけていますか?

risokichiさん:まずは、人にぶつからないとか、周りをよく見るとか。撮影禁止の場所もあるのでそこは必ず守るようにしています。

やっぱりお店とかも撮影NGだったりするところもあるので。それを守りつつやっています。あとは、ポケモンの表情をよく見て研究してたりしますね。

――最後にrisokichiさんが思うAR寫真の魅力を教えてください!

risokichiさん:私はポケモンの第一世代がアニメで放送していたときの世代なんですけど、子供のころ見ていたサトシの隣にはピカチュウがいるというのが実現できて、ポケモンっているんだって思えるところが魅力だと思います。

――risokichiさん本日はインタビューを受けていただきありがとうございました。

Pokémon GO ?販売元: Niantic, Inc.
?掲載時のDL価格: 無料
?カテゴリ: ゲーム
?容量: 283.6 MB
?バージョン: 1.115.1
※容量は最大時のもの。機種などの條件により小さくなる場合があります。

本記事で掲載している畫像は「risokichi」さんから許可を得て掲載しております。

?2019 Niantic, Inc. ?2019 Pokémon. ?1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

読まれています!


メガシンカ最新情報はこちら!


ポケモンGOの最新記事はこちら

『ポケモンGO』記事に関するリクエスト募集!

ポケモンGO』に関する質問や調査?検証してほしいことなど、リクエストを募集中! 「こんな記事が見てみたい!」「これってどうなるの?」など、記事にしてほしいことがあったらリクエストをお願いします!

參考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新著記事やオススメ記事を投稿中!

麻豆画精品传媒2021一二三区-艾秋麻豆剧果冻传媒在线播放 长津2021吴京版免费观看
平武县| 辽宁省| 托克逊县| 沙雅县| 宣武区| 昌平区| 宜阳县| 清水县| 凤城市| 商城县|