ニュース – 金沢大學 http://www.mcdonaldmoore.com 大學を、超えていく。 Wed, 05 May 2021 09:46:12 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.9.8 金沢大學における新型コロナウイルス感染癥罹患者の発生について http://www.mcdonaldmoore.com/news/92412 Wed, 05 May 2021 09:03:37 +0000 http://www.mcdonaldmoore.com/?p=92412
令和3年5月5日
金沢大學

 

金沢大學における新型コロナウイルス感染癥罹患者の発生について

 

5月4日(火),本學の學生1名が新型コロナウイルス感染癥に罹患していることが判明しましたのでお知らせします。

 

 

  ※ 罹患した學生および関係者の人権への配慮と個人情報保護のため,所屬?行動歴等は公表いたしません。ご理解をお願いいたします。

  ※ 本學では,構成員に感染者が発生した場合,管轄保健所と連攜を図り,その指示の下,必要に応じ施設の消毒を実施するとともに,構成員に濃厚接觸者がいる場合は,14日間の健康観察や自宅待機を要請するなど,感染拡大防止に努めております。

 

]]>
金沢大學における新型コロナウイルス感染癥罹患者の発生について(第2報) http://www.mcdonaldmoore.com/news/92399 Tue, 04 May 2021 10:01:27 +0000 http://www.mcdonaldmoore.com/?p=92399  

令和3年5月4日
金沢大學

 

【第2報】金沢大學における新型コロナウイルス感染癥罹患者の発生について

 

5月1日(土)に新型コロナウイルス感染癥の罹患が判明した本學學生の濃厚接觸者である本學學生2名が,5月3日(月)に同感染癥に罹患していることが判明しましたのでお知らせします。

 

  ※ 罹患した學生および関係者の人権への配慮と個人情報保護のため,所屬?行動歴等は公表いたしません。ご理解をお願いいたします。

  ※ 本學では,構成員に感染者が発生した場合,管轄保健所と連攜を図り,その指示の下,必要に応じ施設の消毒を実施するとともに,構成員に濃厚接觸者がいる場合は,14日間の健康観察や自宅待機を要請するなど,感染拡大防止に努めております。

 

=====================


令和3年5月3日
金沢大學

 

金沢大學における新型コロナウイルス感染癥罹患者の発生について

 

5月1日(土),本學の學生1名が新型コロナウイルス感染癥に罹患していることが判明しましたのでお知らせします。

 

 

  ※ 罹患した學生および関係者の人権への配慮と個人情報保護のため,所屬?行動歴等は公表いたしません。ご理解をお願いいたします。

  ※ 本學では,構成員に感染者が発生した場合,管轄保健所と連攜を図り,その指示の下,必要に応じ施設の消毒を実施するとともに,構成員に濃厚接觸者がいる場合は,14日間の健康観察や自宅待機を要請するなど,感染拡大防止に努めております。

 

]]>
令和3年春の敘勲が発表されました http://www.mcdonaldmoore.com/news/92268 Wed, 28 Apr 2021 23:27:05 +0000 http://www.mcdonaldmoore.com/?p=92268 4月29日,令和3年春の敘勲が発表になり,本學関係者4名が受章しました。

【敘勲】

瑞寶中綬章(教育研究功労)
 廣瀬 幸雄 名譽教授

瑞寶中綬章(教育研究功労)
 佐藤 秀紀 名譽教授

瑞寶単光章(保健衛生功労)
 長原  三輝雄 元臨床検査技師長

瑞寶単光章(看護業務功労)
 山上 和美 元看護師長

 

]]>
イオン液體を一滴加えるだけでペロブスカイト太陽電池の高性能化と長壽命化に成功! http://www.mcdonaldmoore.com/rd/92312 Wed, 28 Apr 2021 08:08:07 +0000 http://www.mcdonaldmoore.com/?p=92312 金沢大學ナノマテリアル研究所のシャヒドウザマンモハマド助教,當摩哲也教授の研究グループは,ペロブスカイト太陽電池の高性能化と長壽命化に成功しました。

今回の基盤となる技術は,ペロブスカイトを塗布で製膜する前に,イオン液體をペロブスカイト前駆體溶液に少量添加するだけで膜が數十ナノメートルサイズのナノ粒子膜化する技術です。この技術は,6年前に本研究グループが開発しました。今回はこの技術を,高性能なトリプルカチオン型ペロブスカイト太陽電池作製に応用しました。最初に,イオン液體添加によりナノ粒子膜化したペロブスカイト膜を作製し,その上にトリプルカチオン型ペロブスカイトを製膜することで,ナノ粒子を成長核としてトリプルカチオン型ペロブスカイトが欠陥の少ない高品質な膜に成長することを見いだしました。この高品質化により太陽電池性能が向上しました。また,長時間使用では,この技術で製膜した膜の欠陥が少ないため,劣化の原因となる大気中の水などの膜に入りこみを抑えることができ,太陽電池の長壽命化に成功しました。従來の手法で作製したペロブスカイト太陽電池は2500時間で発電しなくなりましたが,本研究のイオン液體を添加したペロブスカイト太陽電池は6000時間を超えても初期性能の8割を保持し続けることが分かりました。

ペロブスカイト太陽電池は,材料が安く,塗布で製膜できるため製造コストも低い夢の太陽電池です。これらの知見は將來,太陽電池のさらなる普及に活用されることが期待されます。

本研究成果は,2021年4月に米國化學會誌『ACS Applied Materials & Interfaces』に掲載される予定です。

 

図1.  本研究で作製したペロブスカイト太陽電池の寫真

 

図2. イオン液體を一滴加えるだけでペロブスカイトナノ粒子薄膜が得られる技術を開発

 

図3. 本研究の太陽電池の構造とイオン液體を添加して高品質化したトリプルカチオン型ペロブスカイト膜の表面電子顕微鏡寫真

 

]]>
脳の炎癥を抑える分子を発見! http://www.mcdonaldmoore.com/rd/92323 Wed, 28 Apr 2021 05:11:55 +0000 http://www.mcdonaldmoore.com/?p=92323 金沢大學醫薬保健研究域醫學系のRoboon Jureepon 博士研究員,服部剛志準教授,堀修教授らの共同研究グループは,脳のグリア細胞の活性化を抑制することにより,神経炎癥を抑える働きをする化合物を発見しました。

神経炎癥は脳と脊髄において病原體の侵入や神経の損傷に応答して一時的に起こり,病原體や傷ついた細胞を取り除きます。しかし,慢性的に神経炎癥が続くと神経細胞を傷害し,アルツハイマー病のような神経変性疾患の進行に関與することが分かっています。したがって,神経炎癥を抑制する分子を見つけることが,神経変性疾患などの予防や治療法の開発へつながると考えられています。

本研究グループは,脳においてニコチンアミドジヌクレオチド(NAD+)を増やす作用を持つ化合物が,神経炎癥を抑制し,それによる神経の障害も軽減することを発見しました。

これらの知見は將來,神経炎癥が関與する病気であるアルツハイマー病などの神経変性疾患,老化,うつ病などの予防?治療法の開発につながることが期待されます。

本研究成果は,2021年4月19日に米國科學誌『Journal of Neurochemistry』にAccepted Articleとして掲載されました。

 

図1.  

あらかじめNRおよびアピゲニンを,1回/日×1週間連続投與したマウスでは神経炎癥とそれによる神経の障害が軽減する。

 

図2. 

NRやアピゲニンを投與すると脳內のNAD+の量が増加し,ミクログリアとアストロサイトの活性化を抑制する。その結果,神経炎癥が軽減し,神経細胞の障害も軽減される。

 

 

 

]]>
公開講座「歩いて學ぼう!巖石學シリーズ① 金沢駅編」を開講 http://www.mcdonaldmoore.com/news/92252 Tue, 27 Apr 2021 06:18:16 +0000 http://www.mcdonaldmoore.com/?p=92252 4月24日,公開講座「歩いて學ぼう!巖石學シリーズ① 金沢駅編」を開講。本講座は午前の部?午後の部と2回実施し,金沢駅前エリアを中心に2時間のフィールドワークを行いました。

理工研究域地球社會基盤學系の森下知晃教授は,金沢駅前エリアを回りながら,各所の建造物や壁に使用されている石材に著目。専門家がどのような視點で巖石を見ているのかを伝えた上で,その巖石の形成環境や成り立ちについて,受講者と一緒になって考えました。森下教授は,「巖石の成り立ちは,専門家にも真実は分からない。巖石の特長を観察し,どのように出來たかを想像することが,真実を読み解くきっかけになる」と語りました。

受講生からは「石を見る目が変わった」「何気ない場所にいろんな石が使われていることに驚いた」などの感想があり,巖石學の視點で街中を回りながら,巖石が身近なものであることや,巖石にはそれぞれストーリーが潛んでいることを理解する,充実した時間となったようでした。

 

講師:理工研究域地球社會基盤學系 教授 森下 知晃

]]>
法學類月報第86號を発行しました http://www.mcdonaldmoore.com/news/92225 Tue, 27 Apr 2021 02:26:06 +0000 http://www.mcdonaldmoore.com/?p=92225 法學類月報は,広報委員會および學生ボランティアの協力により,法學類の最近のトピックやコラム,エッセイなどを通じて法學類の「今」を関係者の皆様にお伝えするものです。

法學類月報第86號はこちらからご覧ください。

]]>
KU-SGU Student Staff主催「留學相談會」及び「団體説明會」を開催 http://www.mcdonaldmoore.com/news/92205 Tue, 27 Apr 2021 02:05:09 +0000 http://www.mcdonaldmoore.com/?p=92205 4月20日,KU-SGU Student Staff(※)主催による「留學相談會」を開催し,本學學生約40名が參加しました。

本イベントは,本學の留學プログラムや留學までの具體的な準備について知ってもらうとともに,留學に対する不安を取り除くことを目的とし,留學経験のある學生や國際部の海外留學を擔當する職員がブースを設け,留學に興味がある學生からの相談に対応しました。

參加した學生からは,「奨學金が充実していて,お金の負擔が少なく留學ができると知った」,「自分のやりたいことをするためには日頃の勉強が大切なのだということを改めて感じた」といった聲が聞かれました。

また,同週4月22日にはKU-SGU Student Staffの団體説明會を開催し,本學學生45名が參加しました。參加した學生は,KU-SGU Student Staffの活動についての説明を聞いた後,10名のKU-SGU Student Staffメンバーと小グループに分かれて座談會を行いました。

新型コロナウイルス感染癥拡大防止のため定員を設けて実施したところ,いずれのイベントも定員に迫る參加者が集まり,コロナ禍で海外渡航が難しい狀況であっても多くの學生が留學や國際交流に興味を持っていることが伺えました。

 

※KU-SGU Student Staff:本學のスーパーグローバル大學創成支援事業(SGU)を學生目線で推進する學生団體

詳しくはこちら

 

]]>
高度モビリティ研究所を開設 http://www.mcdonaldmoore.com/news/92204 Mon, 26 Apr 2021 08:18:03 +0000 http://www.mcdonaldmoore.com/?p=92204 4月1日,本學は新たに「高度モビリティ研究所」を新設しました。

本學では2015年2月以後,國內の大學では類例のない公道実証の実績を重ねてきました。今般,その自動運転技術の研究開発を加速させるとともに,自律型自動運転技術を核とした融合研究を進展させることを目的に,獨立した研究所を立ち上げることとなりました。

研究所の開設にあたり,実験車両が関係者に披露され,山崎學長から新たに研究所所屬となった教員に,「人文?社會科學系や醫薬系の研究者も協力教員として招聘し,単に自動運転自動車が安全?快適に走行するだけでなく,その技術を活用した次世代モビリティ社會がどのようなものか,その未來社會像の構築に向けて研究を進めて欲しい」とあいさつがありました。

]]>
附屬小學校入學式を挙行 http://www.mcdonaldmoore.com/news/92079 Mon, 26 Apr 2021 06:44:31 +0000 http://www.mcdonaldmoore.com/?p=92079 4月8日,附屬小學校の令和3年度入學式を挙行し,1年生105名,複式3年生12名が「かしわっ子」(※)の仲間入りをしました。

新型コロナウイルス感染癥対策を講じ參加人數の制限と時間短縮をした中での式でしたが,子ども達の成長を柏の樹になぞらえた盛一學校長の式辭,新入生呼名の際に體育館に響いたかわいい元気な返事,また6年生児童代表によるお迎えのことばもあり,明るく希望に満ちた式となりました。

 

※かしわっ子
附屬小學校のシンボルが柏の樹なので,附屬小學校の子ども達を「かしわっ子」と呼んでいます。

]]>
733漫画,733漫画在线观看,733漫画免费视频