公開講座「歩いて學ぼう!巖石學シリーズ① 金沢駅編」を開講

4月24日,公開講座「歩いて學ぼう!巖石學シリーズ① 金沢駅編」を開講。本講座は午前の部?午後の部と2回実施し,金沢駅前エリアを中心に2時間のフィールドワークを行いました。

理工研究域地球社會基盤學系の森下知晃教授は,金沢駅前エリアを回りながら,各所の建造物や壁に使用されている石材に著目。専門家がどのような視點で巖石を見ているのかを伝えた上で,その巖石の形成環境や成り立ちについて,受講者と一緒になって考えました。森下教授は,「巖石の成り立ちは,専門家にも真実は分からない。巖石の特長を観察し,どのように出來たかを想像することが,真実を読み解くきっかけになる」と語りました。

受講生からは「石を見る目が変わった」「何気ない場所にいろんな石が使われていることに驚いた」などの感想があり,巖石學の視點で街中を回りながら,巖石が身近なものであることや,巖石にはそれぞれストーリーが潛んでいることを理解する,充実した時間となったようでした。

 

講師:理工研究域地球社會基盤學系 教授 森下 知晃

  • 街中の壁面に使われた石材を観察する一行
  • 受講者からの質問に応える森下教授
  • 化石の堆積から巖石の成り立ちを想像
  • マントル由來の石材について解説
Pocket
LINEで送る